趣味と共に生きる

気まぐれに作るハンドメイド作品と、我が家の動物達の日常。  まわりで起きたさまざまな出来事など☆☆

プロフィール

chizu

Author:chizu
~~~~~~~~~~~~

夢:森でふくろうと遭遇

理想:いつのまにか裕福

挫折:度重なるダイエット

趣味:動植物の観察

目標:今年こそ結婚


良い子は1日1クリック♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ブログランキングに参加中デス♪

 

最新記事

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリ

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011. 01. 25

1枚革の首輪

我が家のシュナウザー用に作った2cm幅の首輪

それの1,5cmバージョン

s-CIMG9141.jpg


一番の違いはロゴの書体です(笑)


作り方はまったく同じ。

ではいってみよう

まず牛の背中に対して垂直になるように、使う部位の革を細長く切り出します。
赤い線のような感じで切ります。

s-CIMG9131.gif

背に対し、垂直に切り出す理由は、背中からお腹にのびるラインでとる革より
伸びにくいからです。つまりは強度があります。
それと、お腹や足に近い場所ではなく、背中のあたり(ベンズ)を使います。
その理由も強度や見た目に関係してきます。

てなわけで、私はどこの部分の革を使っているか自分で絶対にわかりたいので
1枚革で作る犬具に使う革は、必ず半裁(左右どちらかの半身)で買うのです。


とりあえず、まずはまっすぐ切る。

s-CIMG9133.jpg

裏は磨き剤をつけてしっかりと磨きます。

これをしないと、使ったらすぐにバサバサと革が落ちてきます。

s-CIMG9135.jpg

側面は角をとってやすりをかけ、染色します。

s-CIMG9136.jpg


裏面と同じく磨き剤をつけて磨きます。
私はエッジがすきなので、あまり丸みをつけません。


ひたすらみがく。



一日乾かして、



翌日にまた同じ作業(やすって磨く)をします。

s-CIMG9137.jpg


これによって革がしまり、強度もクオリティーも高まります。



s-CIMG9140.jpg

金具をつける部分に角度をつけて縫い付けます。

こうすることで、硬めの革でも初めからなじみよく使えてます。


そろそろ読んでいる人も諦め始めてきたころでしょうか(笑)

もうすぐ終わるのでがんばってください。

疲れた人は明日続きを読むか、もう寝ちゃいましょう


s-CIMG9138.jpg


名前を間違えないように打ちこむ。
前回間違えて、KONN の  を を逆さにして打って作ってしまい
だいぶ後から気づいたのでした・・

ベルト穴を開けて、その穴を染色→磨きをして出来上がり~。

これでもだいぶはしょったんですけど、長かったっすね。
読んでくれた方、ご苦労様でした

ちなみに、ベルト穴の数は5つ前後の好みだと思いますが、自分のうちの犬は、
その場でサイズ調整できるので、うちの犬の首輪に関しては、2つ穴か3つ穴に
こだわって作っています。
小さな小さな特別感です(笑)

s-CIMG9139.jpg

寝ているところ、そーっと首輪をつけて
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ
にほんブログ村ランキング参加中
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://nuiidog2011.blog111.fc2.com/tb.php/24-04c6cec9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。