趣味と共に生きる

気まぐれに作るハンドメイド作品と、我が家の動物達の日常。  まわりで起きたさまざまな出来事など☆☆

プロフィール

chizu

Author:chizu
~~~~~~~~~~~~

夢:森でふくろうと遭遇

理想:いつのまにか裕福

挫折:度重なるダイエット

趣味:動植物の観察

目標:今年こそ結婚


良い子は1日1クリック♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ブログランキングに参加中デス♪

 

最新記事

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリ

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011. 09. 30

肉球クリームを作る

乾燥肌の私。

いつも、手足と口元はガッサガサになってしまうので

ハンドクリームとリップは常備品。

これまでで、ロート製薬に払った金額は飲み代の総額に匹敵すると思えるほどだ(笑)


・・・

それは大げさすぎるか。

真面目に振り返れば、飲み代の方がだいぶ怖い



でも、


あ!と忘れた時にどこの薬局でも売っているメンソレータムがらみに

いくのは確かである。

たま~に、ロクシタンやはちみつ関係を買ってはいたが、そこまでの

良さを感じることができずにいたので、カワイイものがほしい時にだけ

買っていました。

ナチュラル系や、ロクシタンは入れ物がカワイイですから



sCIMG3477.jpg
   ・材料を湯煎でとかし、よ~く混ぜる。


うちのモモイ(シュナウザー)は肉球が常にガサガサです。

逆に、同じ家に住んでいて、似た生活をしているにもかかわらず

驚くほどソフトで柔らかな肉球の持ち主、コナン(ダックス)。

人も犬も体質でぜんぜん違いますね。


sCIMG3478.jpg
   ・ひたすら混ぜ続けると、クリーム色に。そしたら精油を数滴垂らす。



今回は私とモモイが共通で使えるものを作ることにしました。

以前、アロマ講習で犬の肉球クリームを作ったことがあったのですが

なんかいまいちだったんです。いい匂いこそしましたが、馴染みがイマイチ。

私も犬にも使いましたが、何かを感じとることはできなかったです。

なので、けっきょくあまり使いませんでした。

その時の材料は、精製みつろう+精製ホホバオイル+精油

だいぶ固めの仕上がりでした。



今回は、クリームのしなやかさと保湿力UPのためにシアバターを、
馴染みの良さとビタミンEの強化を狙い、アルガンオイルを入れました。
モロッコでしかとれない魔法のオイルと言われるほどの評判を持つ
アルガンオイル。シワ予防、コレステロールの低下、抗酸化作用
傷、ひび、火傷などにも有効らしいです。細胞の成長を促進だそうで、
う~ん、アンチエイジング
ヘアケアにも威力を発揮するという最強美容オイル



今使っている肉きゅうクリームは柔らかくていい感じ

しかし、保存料も入っていれば多少の化学薬品も入っています。

ま、それでも体に悪くなければそれでいいのですが、

どうせだから人もいっしょに使えると便利だと思い、

手作りで作ってみることにしました


sCIMG3480.jpg
   ・混ざりきってトロ~っとしてきたら容器に入れる。


シアバターや蜜蝋、キャリアオイルを使うにあたって、
精製か未精製、どちらを使うかで2週間以上迷っていました。

連日連夜、たくさんのことを調べすぎて、肩こりが半端じゃない

 な の に っ 

調べても調べても結論がでず、最終的に
「あまり考えすぎない」という不甲斐ない結論を出し、未精製のシアバターを買った。

蜜蝋もかなり迷ったあげく、ナチュラルで未精製。

精製と未精製は賛否両論が真っ二つにわかれるので甲乙つけがたい。

精製すると、ほとんどの効力や栄養までうしなっていくという説や
業者によっては漂白している化学薬品が残っている可能性があるとか・・

でも、まっさらの未精製だと、その自然の良さがかえって強すぎて
アレルギーを起こす人もまれにいるとかいないとか・・

あと、栄養分と一緒にわずかな不純物も残っているという説があります。


sCIMG3481.jpg

精製と未精製の違いを大まかに言うと、

色と臭い、そして栄養分


私は今回、蜜蝋とシアバターは栄養分や抗菌など、効力に期待してみたいので
自然に近い未精製のものを購入。ホホバオイルは、そこまで差がつくほど成分は変わらない
んじゃないかという見ず知らずの人の意見を参考にし(笑)、精製されたものを買った。


精製されたものは不自然なほど白いです液体はほぼ透明になります。
これは、精製過程で色素を抜いているからです。前述した通り、栄養分も
もっていかれますが、不純物がしっかりなくなるのはいい点です。

未精製については、栄養がしっかり入っていて色も匂いもあります。
色素も大事な成分なので、それこそが手作り化粧品の醍醐味!という人もいます。
私も若干そっちよりなので今回はナチュラル思考でいってみました。
体に合わなければすぐにでも変えますが(笑)
今回買ったものは匂いも少なく、クリーム色がいい感じ


ちなみに、大半の大手化粧品会社は精製した材料を使っているそうです。
それはわずかな不純物や天然素材によるアレルギーのショックを
懸念してのことです。
それと香りづけの影響だと思います。精製した原料は無臭なので
アロマなどの香りがとってもつけやすいのです。


ま、何がどうであれ、使ってみなきゃわからないってところですね



sCIMG3483.jpg
   柔らかすぎず、硬すぎずを適当にめざしましたが、なかなかの出来





sCIMG3493.jpg

容器にお気に入りのシールを貼ったら出来上がり
犬も使えるという意味や、ミツロウを使っているという意味をこめたイラストをチョイス。


シールはプリントアウトしてつけました。


お花とミツバチのイラストはイラストわんパグさん

さっき見つけたのですが、素敵なイラスト屋さんです。
プリントできる素材も多く、素朴なデザインがとてもかわいらしい。
色のバランスが良く、懲りすぎていないデザインが自分好みでした。


手前のミツバチわんこはめぐリンプリントアイランドさん

前から知っている私好みのイラスト屋さんです。
ゆるめの営業が、とても好感をもてる素敵な素材屋さんです。
社交ダンスや囲碁をうっている犬のイラストなど、
アイデアの斬新さが好きです(笑)





今日はここまで


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
応援クリック励みになります!
スポンサーサイト

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。