趣味と共に生きる

気まぐれに作るハンドメイド作品と、我が家の動物達の日常。  まわりで起きたさまざまな出来事など☆☆

プロフィール

chizu

Author:chizu
~~~~~~~~~~~~

夢:森でふくろうと遭遇

理想:いつのまにか裕福

挫折:度重なるダイエット

趣味:動植物の観察

目標:今年こそ結婚


良い子は1日1クリック♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ブログランキングに参加中デス♪

 

最新記事

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリ

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 12. 07

クエン酸リンスの作り方

昨日はわんこのシャンプーDAYでした


本来、石鹸で洗っている場合でも犬はリンス不要なのですが、
我が家はリンスを使う時がけっこう多いです。

それは、うちのシュナウザーが背中にだけ皮脂が多く出てしまうことがあり、
体調がすぐれない時など、背中にブツブツやカユカユが出てしまいます。
そんなとき、薬用シャンプーを使ったりもしますが、最近はクエン酸リンスで
仕上げると調子がいいことに気づき、リンスをすることにしています。

うちの犬の場合は、皮脂が多く出ている時、背中はアルカリに強く傾いているので
石鹸シャンプーの弱アルカリでやさしく汚れを落としたあと、クエン酸リンスで中和
してあげると、うまいこと本来の弱アルカリ性の皮膚に戻っていくのではないかと
思っています。
レシピをモモイ用(うちの犬)に考えた石鹸シャンプーなので
目詰まりも起こしにくく、彼女にはあっているようです。
これからもレシピはさらによく考えて新作石鹸を作りたいと思います。

コナン(ダックス)の方はリンスをしてもしなくても、あまり変わらないの
ですがどうぜ作る手間があるので、2頭分一緒に作っています。


今日は、ラベンダーティーのリンス。
小型犬2頭分まとめて作ります。

めんどくさそうに思えるけど、けっこう簡単にできて
香りもするので自分のリフレッシュにもなります

sCIMG1630.jpg
まず、コーヒーの計量スプーンで一杯のラベンダーを
ティーポットへ入れます。
このティーポットは蓋にメッシュがついているので細かいハーブも
しっかりうけとめてくれます濾す手間がはぶけて便利。

私は紅茶をまったく飲まないので、本来の正しい使い方は
よくわかりませんが、大変便利なティーポット。
石鹸やリンス用のハーブティーを作る時に、大活躍です。

sCIMG1634.jpg


熱湯を入れて待つこと3分~5分。


チ・チ・チ・チ・・・・


sCIMG1635.jpg

sCIMG1637.jpg

ティーはこんな感じで出来上がり。

sCIMG1638.jpg

別の容器にティーを出して、小さじ半分のクエン酸を入れます。

sCIMG1639.jpg
バサッと入れた瞬間、キレイなピンク色にふわ~っと変身

sCIMG1641.jpg
よ~く混ぜてクエン酸リンスの出来上がりです。

これを洗面器等(うちは2頭分なのでバケツ)に、たっぷりのぬるま湯で
薄めて使います。
お好みで仕上げにホホバオイルやグリセリンを入れて使ってもGOODです


スポンサーサイト

2012. 08. 21

9月10月の新作石けん熟成中

sCIMG0465.jpg
ミルフィーユ石けん
いろんな石鹸で層を作り、カラフルにしてみました
上から、ピンクマルセイユ+岩塩 柿渋ミント バラの石鹸 紫根石けん 
マカダミアナッツ石けん お茶石けん
になっています。

カットしたらこんな感じに

sCIMG0466.jpg


sCIMG0470.jpg
柿渋ミント。

sCIMG0469.jpg
犬用石けんも熟成中

sCIMG0468.jpg
マルセイユ+岩塩


真夏の暑い時期に秋冬用のレシピを考えて組んでいます。

今年は何月まで暑いのかな~。

2012. 08. 02

新作の石鹸

2,3日前に作った石鹸

久しぶりに作った石鹸は、夏用に柿渋エキスを入れたもの。

精油はペパーミントですっきり系。

sCIMG0227.jpg

まっくろですね~

柿渋エキスをそこまで多くは入れていないのですが、はじめはこんなもんです

熟成が終わるころにはもう少し落ち着いた色味になっています。

片方は、オリーブ石鹸とガスールクレイ入り石鹸のドットを飾りにつけました。

もう片方は、ミルフィーユのように何層にも重ねたものを作る予定の

一番下に来る生地。1cmくらいだけ入っています。

今日はドットの方を型だしして、乾燥部屋に移動しました。

sCIMG0237.jpg



お次は犬用の石鹸2種。

sCIMG0228.jpg


上の段はアボカドソープにピンククレイのチップを入れてみました。

カットが楽しみです

下の段はNUIIDOG定番のアーユルベーダfordogs。

前回はハーブをどさっと入れていたのですが、泡立ちを考えて少し減らしました。

といっても、いま写真で見るからにけっこう入っちゃってる感じ


今日はこれらをカットをした。

sCIMG0234.jpg
sCIMG0235.jpg




解禁は8月末くらいになります。

2012. 07. 31

松葉のアボカド石鹸

みんなのバイブル、前田京子さんの本にのっていた松葉の石鹸。

それを思い出し、精製水で松葉茶を作った。(春先の話です・・)

残りの葉は細かく刻んで最後のオプション用に。

ついでにジュニパーベリーも細かくすりつぶす。

作っている時はジュニパーの香りがけっこうきつかったです


sCIMG8358.jpg



今回はエクストラバージンオリーブオイルを久しぶりに使う。

不鹸化物の関係で、石鹸作りにはピュアオイルがいいとしている人もいれば、

やっぱ一番しぼりがいいとしている人もいる。

需要の問題かと思うけど、EXVでもピュアでも日本では値段に

差はほとんどない。

イタリアとかでは、オリーブオイルのランク付けが10以上あるみたい

なので、きっと細かく値段設定もあるのかなと思ったりする。

私としては、EXVが油臭さが残るかなと思って、

石鹸にはなんとなくピュアを使っていることが多いが

今回は、香りづけをしっかりする予定なので、EXVの方を使った。


sCIMG8366.jpg

透き通った山吹色。

アボカドオイルをいつもより多く入れ、ヘーゼルナッツオイルや

月見草オイルを少々入れた。月見草オイルは酸化が早いと言われて

いるが皮膚トラブルやアトピーの人に人気のオイルです。

私も肌に直接使ってみましたが・・・

正直、いままで使っていたほかのオイルより


断然、よかった。


月見草オイルに限っては、高価だし酸化が早いので直接塗る方向で

今後は使っていくことになりそうかな。



熟成完了。

スーッとする香り、かすかなゆずのブレンド。いい感じに仕上がっています。

sCIMG9442 (2)


2012. 07. 30

石鹸とバスボムの教室

sCIMG0219.jpg


おととい、横浜で行われた石鹸教室に行ってきました。

フレグランスオイルを使った石鹸とバスボムを作りました。

最近は自分の作り方を見直すべく、勉強をしに行くことがあります。

ここまで独学でやってきたのですが、他の人の考え方をネットからではなく

直接聞いたり、教室のマニュアルというものが見てみたくなったのです。

講習を受けた感想としましては、

「行ってよかった~

講師をしていたのは、ソーパー(石鹸を作る人)では知らない人はいないと

思われるtaoさんこと小幡有樹子先生でした。

前田さんというカリスマソーパーと二分した人気の先生です。

小幡先生はどんな方かな~と思っていたのですが、予想とは裏腹に

癒し系なかわいらしい先生でした。

研究熱心でサバサバした印象(ブログや作っているレシピから)だったので、

やわらかく見えて、実は厳しい感じの人だと思っていました。笑

内容はとてもきちんとしていますが、抜くところは抜くという感じの

無理がない思考で賛同できる部分が多かったです。

癒し系とは別に、細かい質問をすると、どこどこの何の研究結果や

自分や仲間の実験など、惜しみなく細かく丁寧に答えてくれます。


sCIMG0222.jpg


他のソーパーさんの悩みや作り方もかなり参考になりました。

オイルを計ってすぐにブレンダーで混ぜ、そのまま手混ぜ抜きで

型入れまでしている方や、木型しか使っていない人、手混ぜのみで

やっている人、ジェル化や着色料への考え方など、たくさんの意見が聞けました。


そして、今回の講習を主催されているのがフレグランスオイル屋さん

だったので、フレグランスがどんなものか使えたのは今後の参考になります。


フレグランスは香水などに使われている合成香料です。

天然の産物ではありません。

しかし、いい香りのするものはとても気持ちが癒され、本来なら

使っても使わなくてもどちらでもいいと思っています。

ただ、私の場合、犬の石鹸を作っているので使えません。

人用にはどうなのかと悩んでいたところでした。

香料は人を癒します。しかし、フレグランスを入れることで

合成のものも入れています。ということになります。

ただ、天然だから絶対にいいとか、合成はダメだってことはありません。

私としましては、ようは好みだと考えています。

先日のイベントでも、「キツイ香りの石鹸を作る検討をしてほしい」と

お客さんがおっしゃっていたので、そのご意見も参考にさせていただいています。


結論からいくと、やはり今のところフレグランスオイルは使わないと

いうことにしました 香りづけは精油のみで行きます。



それは、講習で作っている時に「ほのかでいい匂い~」と

思っていたのですが翌日自宅風呂でバスボムを使ってみると

自分には合わなかったのです。

最近、無香料や精油での香りづけしか使っていなかったせいか

講習で自らが作ったバスボムを使った時に「う゛・・」となってしまったのです。

他の香りや違うメーカーなど、自分に合うものもきっとあるのだと思います。


で、再び

よく考えた結果、いまのところは無理して使う必要もなかろう、

ということになりました。



おしまい。

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。